ビザ申請 名古屋
トップページ事務所概要サービス料金表相談フォーム

在留資格・ビザ

人文知識・国際業務

技術

技能

興行

企業内転勤

家族滞在

日本人の配偶者

定住者

再入国許可

在留資格・ビザ

在留資格変更

在留期間更新

在留資格認定証明書

永住許可

短期滞在

起業・会社設立

支店設置

行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 在留資格(ビザ別) > 再入国許可
   
資格外活動許可
 
   
このような場合はぜひご相談下さい。

・仕事で海外出張する場合

・家族訪問などで一度本国へ帰国する場合

・再入国許可が必要な場合

再入国許可申請について

再入国許可とは?

在留資格の有する外国人の方で在留期間中に再び入国する予定で日本を出国しようとする外国人の方が必要な許可です。

再入国許可には、1回限り有効のものと有効期間内であれば何回も使用できる数次有効のものの2種類があります。

提出先

住所地を管轄する入国管理局

近畿・入国管理局一覧

手数料

1回限定許可:\3,000

数回許可:\6,000

標準処理期間

当日

みなし再入国制度について

みなし再入国許可とは?

平成24年7月9日より、新在留制度の施行に伴って、「みなし再入国許可」の制度が導入されました。

「みなし再入国許可」とは、日本に滞在する外国籍の方が一時的に日本から出国する際に、出国期間が1年以内であれば、「再入国許可」の手続きを経ることなく日本に再入国できるという制度です。

ただし、この「みなし再入国許可」を利用するためには、出国の際に、再入国出国記録(EDカード)の所定欄に、みなし再入国許可で出国することを記載した上で、出国審査において再入国出国記録、パスポート、在留カードを提示しなければなりません。

(新在留制度が施行された後、一定の期間は、
外国人登録カードが在留カードの役割を果たします)

みなし再入国許可で出国する記載が無い場合、
みなし再入国許可の制度を利用する事はできませんので、ご注意ください。

 
 
ビザ申請
 
 

1.無料でご相談ができます。

ご相談には料金がかかりません。営業時間内はもちろん、営業時間外のご相談もご予約くだされば可能です。

2.中国語・韓国語の対応が可能です。

中国語・韓国語通訳スタッフが在籍しています。日本語が不自由な方でも安心してご相談することが可能です。なお、ご相談をご希望の場合はご予約をお願いします。

3.許可が難しい案件でも、できるかぎりの可能性を調査します。

当社では許可が難しい案件についてもご相談・ご依頼をお受けして、解決方法を探します。あきらめずにぜひ一度ご相談ください。

4.不許可となった場合も無料で再申請します。

万が一申請が不許可となった場合も許可が通るまで無料で再申請を行います。どうしても許可が不可能であれば、料金の全額返金も行っております。

5.秘密厳守・親切対応を行います。

行政書士には、法律上の厳格な守秘義務が課せられています。相談者・依頼者の情報が他へ漏れることは決してありませんので安心してご相談ください。

 
Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.